CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前 << 2019-11 >> 後
LOGIN
[現在モード:ゲストモード]
USER ID:
PASS:


『 季節はずれの海岸物語 』
Blu-ray & DVD

CATEGORIES/カテゴリー
ARCHIVES/過去記事

PROFILE/プロフィール
OTHERS
    処理時間 0.230751秒

from Sep. 2010

Count
Today
Yesterday


『 季節はずれの海岸物語 』
Blu-ray & DVD

ROTARY JAPAN - BBS >
  • Rotary Room
  • 北海道
  •  
  • 東北
  • 関東(メイン)
  •  
  • 甲信越
  • 北陸
  •  
  • 中部
  • 関西
  •  
  • 中国
  • 四国
  •  
  • 九州
  • 沖縄
  •   

    The Rotary Graffiti



    『ポイントタウン』 関連
    2015-11/152017-05/04
    POWERED BY
    POWERED BY


    DESIGN BY


    Blogn 及び BlognPlus
    2017年 5月31日 をもって
    公開終了となります。
    サポートサイトも閉鎖です。

    今さら他のソフトに乗り換えるのもシンドイので、このまま行ける所まで使い倒します。



    とっこちゃんに逢いたい 27
    季節はずれの海岸物語』とっこちゃん、つながり、、、

    本日 9日、今年もまた鶴太郎さんの書で『 は っ ぴ ぃ ば あ す で い 』です。  
    はい、可愛かずみさんの誕生日です。
    今年も『持ってるぞ自慢』になっちゃいます、すみません。

    春 感 ム ス メ の 奇 跡 』です。

    持っている『春感ムスメ』レコードと、
    それに限定枚数で付いていたらしい、
    カレンダー・ポスターです。

    2枚有り、片方には直筆サインが入っています。それと、関連の写真が2枚。

    レコードの上に置いてある写真ですが、 これをジャケット写真と同じスケールまで拡大し、
    重ね合わせると、、、髪の毛1本に至るまで両者はピッタリ重なります。つまり、ジャケット写真の元になった全体写真をプリントした物と思われます。

    ジャケットでは胸から上しか有りませんが、元のフィルムには全身像が撮されていた様です。
    当然 35mm で撮影されているとは思えませんので、部分的に拡大されても画質的には問題無かったのでしょう。

    もう1枚、左上の写真はカレンダー・ポスターを撮影した際に別ショットで撮られた様で、後に発売となるアルバム『天使のデザート』に特典写真としてプレゼントに使われた物です。

    サイン入りのカレンダー・ポスターは、大切に保管してありますが、『見て、しまって、見て・・・』の繰り返しでは保管の意味も無く、傷むばかりなので、スキャナで取り込んでパソコン上ではいつでも好きな時に見ることが出来る様にしてあります。
    全体を一度にスキャン出来ないので、2枚に分けて取り込み、 前にも書いた様に編集で1枚にして、更に折り目の傷や、年代相当のシミなどを綺麗に消す修正を施します。

    するって~~と、こんな具合に綺麗なサイン入りのカレンダー・ポスターが蘇ります。














    上に書いた『春感ムスメ』のジャケット写真ですが、こんな所に使っています。 


      やっぱり幾つになっても - とっこちゃんに逢いたい - なのです。
    Asmic | 00:07 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::とっこちゃん 7月 9日

    第12作 ・・・別れの意味
    第12作 '93秋(愛に微笑みかけたくて)/ 西田 ひかる(1993年 9月 27日)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。。。懲りずに隅を、つつきます。

    春文の死

    意外なシーンから始まりますが、
    最終回までのストーリーを知っている、
    ストーリーがわかっている今となっては、
    それが重要な意味を持つ事がわかります。

     第4作 春文が北海道に転勤、一緒に湘南を出る とっこちゃん。
     第5作 離婚、湘南へ戻って来ても、心の中では春文と決別出来ない とっこちゃん。
     それを、どんな場面でも暖かく迎え、見守る 圭介。

    積み上げられ、創られ、表現されて来た
    とっこちゃんの一途な性格』と、
    圭介像 』。

    そんな背景が有ってもなお、『最終回ラストシーン』の ドンデン返しを迎えさせるためには、この『別れ』は、必然的な演出だったのかも知れません。
    。。。。っと、思いませんか??
    第8作以降、回想シーン以外では出て来る事が無かった『春文』と、明確に『別れ』を演出する必要が有ったのです。そうしないと、とっこちゃんは圭介を、圭介はとっこちゃんを、受け入れる事が出来ません。

    第12作 '93秋(愛に微笑みかけたくて)
    このドラマにとって、最も重要な回と言っても過言ではありません。

    ・ ・ ・ ・ ・ なんぞと、勝手に語ってみました。
    Asmic | 00:42 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第12作

    今どきの・・・鎌倉
    季節はずれの海岸物語』 ムリムリの、鶴太郎さんつながり、、、

    最近はニュース番組以外、ほとんどテレビを見なくなったのですが、鶴太郎さんのブログに
    鎌倉ロケ』の話題が有ったので見ようかなと。

    私的には『勝手にロケハン』の頃以来、何十年も行っていない鎌倉だし、鶴太郎さんが鎌倉を歩く映像が見られるだけでも『季節はずれ』ファンにはタマランかも??

     『帰れまサンデー/テレビ朝日』6月 25日 16:30 ~


    追記 2017-06/25
    リアルタイムで見ました。
    『季節はずれ』でもロケ地になっている場所が幾つか出て来て、なかなか面白かったです。
    最後、、、
    『長谷寺』近くで終わるんだったら、 ここで終わって欲しかったなぁ~~。

    Asmic | 11:23 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::鶴ちゃん

    第12作 季節はずれの・・・進化
    第12作 '93秋(愛に微笑みかけたくて)/ 西田 ひかる(1993年 9月 27日)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。。。懲りずに隅を、つつきます。
    『季節はずれの海岸物語』は今さら言うまでも無く、1988年 1月から 1994年 10月まで、
    年に2回の割合でしたが長い期間に渡り放送されました。

    な の で 、 、 、 、
    ドラマのストーリー、演じる役者さん、
    舞台となる『 QUE 』に至るまで、
    い ろ ぉ ~ ん な 変化を伴っています。

    前回はストーリーには直接関係ない事柄として『冷蔵庫のテッペン』なんかを書きましたが、この第12作には、他にもそんな所が存在します。

    あえて表現するなら『 進化 』??

    その違いが分かり易い場所の一つとして、オープニング『 Destiny 』あたりの
    第11作と、今回の第12作を順に並べた
    動画を作ってみました。
     (再生して下さい)

    進化』たぶん、すぐにわかります。
    答えは書かない事にしましょう。

      そ ん な 時 代 で し た か ね ? ?

    『季節はずれの海岸物語』を全作見たいと言う方はこちらを見て下さい・・『自作 Blu-ray
    季節のなかの海岸物語 ビデオ 動画 DVD Blu-ray 片岡鶴太郎 可愛かずみ 渡辺美奈代
    Asmic | 08:21 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第12作

    第12作 テッペンは SUNTORY
    第12作 '93秋(愛に微笑みかけたくて)/ 西田 ひかる(1993年 9月 27日)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。。。懲りずに隅を、つつきます。
    ドラマスのトーリーには全く関係ない、三代目 QUE 毎度の『冷蔵庫のテッペン』です。
    誰もつつかないので、私がつつきます、、です。
    第8作』の時と同じ様に、
    SUNTORY BEER』が
    これでもかと、むき出しです。
    冷蔵庫自体も、いつもの定位置とは違い、文字が入り込んでくる場所に無理矢理置かれてます。

    撮影の進行状況によるものだとは思いますが、奥の白壁が有ったり無かったり、店舗用冷蔵庫の置かれている位置が微妙に動いたり、現場は大変そうですね。

    どう見ても、どちらの冷蔵庫も扉を開く事は出来ないので、QUE は商売上がったりです。
    でも、こうやってドラマを楽しむ事が出来るのも、スポンサー様のおかげです。

    前作『第11作』の時に書きました。また、、全く同じ事を書きます・・・・

      オープニング『Destiny』の最後に出て来るスポンサーコールの映像からですが、
    『どれどれ・・』っと、お貸しした 自作 Blu-rayDVD をお持ちの方は探さないで下さい。
    消してありますのでこの『絵(テロップ)』は出て来ませんです。すみません。。。。
    Asmic | 00:59 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第12作


    <<前の5件 | 1 | ... | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | ... | 59 | 次の5件>>


    NEW ENTRIES/最新記事
    COMMENTS/コメント
    LINKS/リンク
    SEARCH BOX/検索




    季節はずれの海岸物語しびれる台詞
    【高村 圭介】
  • ヒトの夢、奪う権利なんか無い(第3作
  • 危険と魅力ってぇ~のはな・・・
  • たぶん今夜は・・・降りそうにない。
  • それとも、貴方、価値の無い男ですか?
  • 俺たち・・・まだ恋してないじゃないか。
  • 仕事もちゃんと出来ない男に・・・
  • 自分の夢には素直になれよ。
  • いつも笑ってれば、きっと良い事が
  • 俺たちの大事な仲間なんです。
  • 大事にしたいんです。

  • 【とっこちゃん/新井 徳子】
  • ・・・オソッテも良いよ!
  • 想い出って、海といっしょね。
  • 張り裂けてしまう・・・って、か!
  • 冬はいつか終わるの。春は必ず来るって、
  • 忘れられないね、良い恋しちゃうと。
  • 苦しいのは胸じゃなくて、 ハートでしょ!
  • Hな春文のHね!
  • いや!!、、、自分でするの!
  • 私の夢はそこで終わったの・・・
  • 一人の人に真剣に恋したら・・・
  • 抱いて、、お願い・・・。
  • フラレ方も経験を積むうちに堂に入る
  • 生めば、、男の責任が果たせるの?
  • その人のそばを離れちゃダメ。
  • 恋なんてみんな不純よ、、

  • 【遠藤 和彦】
  • 独身でいる動機が違うよぉ !
  • 女に懲りたら男はおしまいだよ。
  • 公私混同は恋愛の第一歩だ。
  • 女が寂しがってる時がチャンス・・・
  • 相手を強引に引っ張って行く・・・

  • 【渡辺 理恵】
  • 体裁とか常識・・・恋愛って言うのはね、
    そういう事どっかに行っちゃう事なのよ。
  • な か よ く !
  • 想い出とは、さよなら出来ない・・・

  • 第05作 明子】
  • 圭介さん、昔とちっとも変わらなかった。
    やっぱり変わったの、周りだけだね・・・

  • 第08作 柴田 かおり】
  • す き  で  し  た。

  • 第10作 岡村 優香子】
  • 見なきゃいけない所が、違うんじゃない?
  • したくない?、私と。

  • 第11作 渡辺 祥子】
  • あいつは投げないよ。

  • 第13作
  • 愛子・・・来ないで、来ちゃダメ
  • 里美・・・最初が不純な恋は、、


  • 季節はずれの海岸物語番外編
    【高村 圭介】
  • あれぇ〜、エンジン積んでないんっすか?
  • ・・・もう既に笑いたいって事だろう!!
  • ・・・くそとっこ・・・!
  • まだやってねぇ~よ・・・

  • 【可愛かずみ/とっこちゃん】
  • 私は、とっこちゃんそのもの・・・
  • とっこちゃんが見た夕日

  • ・・・の、とっこちゃん

  • 【渡辺 理恵】
  • とっこさんに、お願いしてみたら・・・
  • 歯 に ぃ 、、、あ、青のりが・・・・

  • 第01作 真澄】
  • 圭介さんって、スケベなの?

  • 【自転車二人乗り】
  • 第04作 二人乗り
  • 第06作 再放送で消えたシーン
  • 第10作 消えなかった、二人乗り
  • 第11作 二人乗り、に、なった?
  • 第12作 二人乗り

  • 【D3 Company】
  • こんなの、みぃ~っけ!!
  • 『季節はずれ』と『Triangle Blue』
  • 季節はずれの・・プロデューサー

  • 【番外の、番外】
  • 本当の最終回は第10作/【封印】の理由
  • 初めての『中森明菜』
  • 季節はずれの・・・雑誌記事
  • QUE 2 『葉山シーサイド』消滅

  • 海岸物語の奇跡
  • 可愛かずみ 『遺作』 1997年 4月 5日